食事制限によるダイエットではウエストは引き締まらない理由

カロリー制限はダイエットのスタンダードな方法ですが、ウエストをスリムにしたいなら、その他の方法も必要になります。

ウエストがきゅっと引き締まっている状態を目指してダイエットをする人は大勢いますが、方法が誤っていては努力が無駄になります。

体重だけを見れば平均的なのに、ウエストの出っぱりが目立っているような気がしている方もいます。

一定のダイエット効果は現れていて、体重は減っているにもかかわらず、ウエストがへこんでいないこともあります。

ウエスト周りには体をガードするための骨がないので、内臓は体脂肪で守られています。

そのため、多少のダイエットではウエストは細くなりません。

下腹が脹れて見える理由には、皮下脂肪や内臓脂肪が多いだけでなく、骨盤が歪んでいて内臓の位置がずれていたり、お通じが悪くて便秘ぎみになっていることがあります。

単に体重を減らしたいだけでなく、ウエストのシェイプアップ効果を期待している人は、ウエスト周りの筋肉を集中的に使えるようなダイエットエクササイズを行うといいでしょう。

かつては、ウエストを細くしたい時は腹筋を行うものでした。

上半身をひねって腰の運動をしたり、エクササイズで腰周りの筋肉をしっかり動かすことのほうが、腹筋を使った運動をするよりも、ウエスト痩せに非常に効果的だと言われています。

腰回しダイエットは、ウエストを引き締めたい人に適しています。

ウエスト周りを中心にした運動ですが、全身運動としても効果が高く、ダイエットを成功させたい人向きです。

ウエストのシェイプアップ効果を期待してダイエットをするなら、ウエストの引き締め効果のある運動も取り入れるといいでしょう。